飲食店

日本料理「季の庭」ラビスタ東京ベイ豊洲店で夜ご飯食べてきました

2022年4月15日にオープンしたラビスタ東京ベイ、その施設内にある日本料理屋さんの「季の庭」にオープン初日夜に行ってきました。

店内はほぼ新設に携わった会社の人たちで予約が埋まってるような雰囲気。満席のようでした。
我が家は夫さんが前もって予約してくれていました。

私たちは入ってすぐの小さなスペースに通されました。すごい狭いスペースで机も小さいです。笑

空豆やタコなどを使った御通し(750円+税)と生ビール中グラス(800円+税)。

春らしく、かわいい。お味も良かったです。

蛍烏賊沖漬け(600円+税)

可愛い小鉢に4〜5匹入ってました、ビールと合う!

ホワイトアスパラバター焼き(850円+税)

おおきなアスパラが2本、とろけるようなうまさ。

天麩羅 海盛り(7種 2,400円+税)

エビやさより、ふきのとう、あなご、いかなどが入ってました。

太白胡麻油で揚げた天ぷらはサクッフワッとして美味しかったです。

にぎり 磯盛り(7種1本 2,400円+税)

こちらは夫がいただきました、美味しそうに食べてました。

ちらし 磯盛り(7種 2,400円+税)

私はチラシをチョイス。甘く煮付けた寛平や椎茸が特徴的。

初日だったせいか、料理が来るのが遅く、お寿司は頼んでから30分くらい待ちましたでしょうか。
もっと空いていればそんなには時間がかからないと思います。

また、ホテルの建設関係者がお客さんに多かったようで、声が割と聞こえていました。
机と机の間は狭めかもしれません。一つ一つも小さいですし。
顔は見えないのですが、プライベート感はあまりないかもです。

少し愚痴を言いますと、近くに座ってた建設関係の方が何かと店員に注文をつけて、最後は会社の領収書切ってる時にはう〜んと思いました。
そういえばニュースでもこの会社の社員が下請け会社に高額な自分の飲み代支払わさせて懲戒免職になってるのやってたもんな〜と社会勉強をさせてもらったような気分に。(古い体質の会社とお見受けしました・・・)
まぁあまり楽しい体験ではないです。私はこういう店不向きかも。夫には申し訳ない。

ビール一杯とご飯とつまみで、この日の支払いは1万2千ほど。
ハッキリ言うとこれだったら近場の豊洲や有明に出てお店探した方がコスパは良さそう。
別段景色が見えるわけでもないですし、会話も丸聞こえですからね。
お客さんが少なくて静かならいいかもしれません。初日あるあるです。

外出たらイルミネーションが綺麗でした。

なんなら缶ビール買って夜景見ながら飲んだ方が開放感はあったかも?

ブッフェやホテルの部屋でコンビニ飯の方が数倍楽しいかな・・・